So-net無料ブログ作成

小泉孝太郎の最新ドラマ"朝比奈耕作シリーズ~花咲村の惨劇"新シリーズ! [ドラマ]

image.jpeg

小泉孝太郎の最新ドラマ朝比奈耕作シリーズ"花咲村の惨劇"
新シリーズ!をまとめました!

小泉孝太郎さん主演の新シリーズドラマ
ミステリー作家・朝比奈耕作シリーズ「花咲村の惨劇」が、
6月6日(月)の夜9時からTBSで放送されます!

このドラマ、朝比奈耕作シリーズ
「花咲村の惨劇」は、吉村達也さんの原作です!

小泉孝太郎がミステリー専門の人気作家の朝比奈耕作にふんし、
事件を解決していく“ミステリー作家の朝比奈耕作シリーズ”が月曜名作劇場に登場!

「金田一耕助」を彷彿とさせる妖しげなミステリーと、
満開の美しい桜に彩られたロケ地など、見どころがいっぱい!!

吉村達也さんの原作というと、
5月30日(月)の夜9時からTBSで放送された
片岡鶴太郎さんが主演を務める新シリーズ
温泉殺人事件シリーズ 「有馬温泉殺人事件」
も吉村達也さんの作品なんです!

片岡鶴太郎さんが演じる警視庁捜査一課の警部、
志垣良雄と浅利陽介さん演じる部下の刑事、
和久井一郎は、温泉大好きコンビが、温泉地で
おこる難解な殺人事件を解決する。

2人のコミカルな掛け合いが
とても面白かったですね(^o^)

まさか、幼馴染の波満ちゃん(かたせ梨乃)が、
殺されるとは....。

温泉地の風景もいっぱい楽しめて、
とても見ごたえのあるドラマでした(^o^)

人気作家、吉村達也さんの原作なだけに
視聴率が気になるところですね(^o^)

次回の温泉地は、どこなんでしょうか?
とても楽しみですね^^

小泉孝太郎さん主演の新シリーズというと
5月7日(土)の夜9時からテレビ朝日で放送された
土曜ワイド劇場「家裁調査官・山ノ坊晃~紛争解決
100%の男!」も始まりましたね(^o^)

ちなみに視聴率なんですが、10.8%でした!

初回の放送としては、好調な滑り出しでは
ないでしょうか!?
スポンサーリンク











ドラマのあらすじは....。


ミステリー推理作家の朝比奈耕作(小泉孝太郎)が、
世の中で起こった事件は欠かさずスクラップし、自分の足で
捜査をすることもあれば、しばしば、自身の小説のネタにすることも....。

亡くなった父親が学者だったこともあってか、
冷静でありながら好奇心旺盛で、行動的な面も持ち合わせている。

ある日、耕作は自宅のリビングで以前、世田谷で
起こった女性の不可解な転落死事件をもとにした
新作をパソコンで執筆。

耕作自身も聞き込み捜査や現場検証を行っていたが、
真相にはいまだ辿りつけずにいた。

そんな耕作のもとに、20年以上前に亡くなっている
父の耕之介(佐戸井けん太)宛の手紙が届く。

差出人はなんと耕作が新作で執筆中の転落死した
女性の名前だった。

耕作は、不気味な偶然に興味を惹かれ、父、耕之介の
古くからの知人である尾車(里見浩太朗)のもとを訪れる。

これまでの話を聞いた尾車は、生前、耕之介から
預かったというある写真を持ち寄り、手紙の消印にあった
「花咲村」について話し始める。

そこは、民俗学者だった父、耕之介が調査の過程で
自身の身の危険を感じ、研究者人生の中で唯一調査を
断念した村であった。

研究熱心だった父、耕之介が調査を断念するほどの
村であるため、尾車は暗に耕作を制止しようとしていたが、
村の伝説と世田谷の転落事故に何か関係があるのか確かめるため、
耕作は鳥取県の花咲村へと向かう。
スポンサーリンク









豪華キャスト


朝比奈耕作:小泉孝太郎

花柳唯子:星野真里

花柳苑子:床嶋佳子

花柳蝶子:ジュディ・オング

花柳龍太郎:児玉謙次

花柳一呂志:山中聡

花柳二由樹:阿部亮平

花柳三沙子:須藤温子

花柳四穂美:渋谷飛鳥

花柳明:須田瑛斗

中沢義信:阿南健治

朝比奈耕之介:佐戸井けん太

三谷大二郎:鈴木正幸

佐伯賢三:山本龍二

夏目椿:阿南敦子

福井初乃:ぼくもとさきこ

三枝亮介:大内厚雄

尾車泰之:里見浩太朗
ほか。

HPから引用。

小泉孝太郎さんのコメント!

小泉孝太郎さんは、原作のあるドラマは、
毎回プレッシャーを感じるそうで、今回の作品は、
推理作家で、いわば捜査の素人なので、
変に主張しすぎず自然体であることを心がけていたそうです。

小泉さんは、今作の「花咲村の惨劇」のほかに、
「鳥啼村の惨劇」「風吹村の惨劇」「月影村の惨劇」
という作品もあるので、ぜひ“花鳥風月”制覇をしたいと
コメントされていました!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

土曜ワイド劇場"事件17"のあらすじとキャスト&シリーズ視聴率も! [ドラマ]

image.jpg

土曜ワイド劇場"事件17"のあらすじとキャスト&
シリーズ視聴率をまとめています!

北大路欣也さん主演の人気「事件」シリーズ「事件17~大富豪の
夫を殺した女!空白の一時間に何が?」が土曜ワイド劇場で、
6月4日(土)の夜9時からテレビ朝日で放送されます!

このシリーズは、1993年から土曜ワイド劇場で放送されている
ドラマで、北大路欣也が人権派の弁護士の伊丹秀一を演じる、
本格リーガルサスペンス!

DV夫を殺した女は、正当防衛なのか!? 

伊丹の調査で、事件の背後に隠された母娘の
秘密が浮かび上がる!

大富豪の夫を殺した女!空白の一時間に何が?

家庭内暴力、同窓会不倫、保険金殺人…

次々出てくる不利な状況に逆転なるか?

今回で事件シリーズ第17弾になります!

ドラマ出演は、3月に放送された東出昌大さん主演の
「さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜」以来ですね。

北大路欣也さんのロングラン作品で、人気シリーズということで、
ちょっと視聴率が気になったので調べてみました(^o^)
スポンサーリンク









事件シリーズ全作品の視聴率!

事件1
1993年6月12日....18.9%

事件2
1994年6月11日....15.3%

事件3
1995年6月24日....13.1%

事件4
1996年6月22日....20.0%

事件5
1997年5月24日....17.4%

事件6
1998年7月 4日....18.1%

事件7
1999年10月2日....12.7%

事件8
2000年6月24日....16.8%

事件9
2001年6月 9日....14.9%

事件10
2003年1月11日 ....13.1%

事件11
2004年2月28日....15.3%

事件12
2006年4月29日....12.5%

事件13
2008年8月30日....8.1%

事件14
2010年10月23日....12.9%

事件15
2012年5月12日....12.6%

事件16
2015年5月30日....10.2%

16回放送されてきて、2008年に放送された
事件13以外は、すべて視聴率が2桁を
キープしています!

改めて、人気が高い作品だということが、
わかりますね!

ロングランの弁護士ドラマで、
これだけ高視聴率なのは、
珍しいのでは、ないでしょうか?(^o^)

スポンサーリンク









事件17のあらすじは....。


伊丹秀一(北大路欣也)は、正義感あふれる人権派の弁護士のもと、
事務所には、伊丹の娘で弁護士の織枝(松本莉緒)と若手弁護士の
加瀬直人(山下徹大)も所属しており、ベテラン事務員の本多和美
(山下容莉枝)のサポートのもと、日々、弱い立場の人々を
救うべく尽力している。

今回の案件は....。

ある日の夕方、妊娠6カ月の鈴村成美(前田亜季)と
その夫の拓也(石垣佑磨)が、夫婦揃って事務所にやってくる。

依頼内容は、成美の義理の父を殺した容疑で
起訴された実母の鳥居貴美子(かたせ梨乃)の
弁護を頼みたいという。

貴美子は19年前に再婚した会社社長の夫、鳥居武文(団 時朗)を
殺害した罪に問われているが、2人は貴美子は故意ではなかったと訴える。

伊丹は、刑事事件の経験を積みたいという織枝を連れ、
貴美子と接見した。

貴美子は、以前から鳥居にDVを受けていたが、事件当日、
離婚話を切り出したところ、いつも以上に激しい暴力を
ふるう夫に、命の危険を感じて必死に抵抗したという。

我に返ったときは、暖炉用の鉄製スコップを握りしめ、
遺体のそばに立っていたと話す。

また、殴打した後、通報まで1時間ほど経過している
ことについては、持病の“過換気症候群”のためか、
意識がもうろうとしてしまい、その間の記憶がほとんどないと告白。

状況を確認した伊丹と織枝は、正当防衛が
適用されるべきだと考える。

織枝は、正当防衛を立証するため、さっそく貴美子の
夫婦関係について調査を開始する!

貴美子の友人・茅原素子(沢田亜矢子)に話を聞くと、
彼女は貴美子が日常的に夫からの暴力に苦しめられていたことを
知っていたが、その一方で不利なことを耳にする。

素子は、貴美子が高校時代の同級生、岩下富雄(大高洋夫)と
不倫をしているのではないかと疑っているのだ。

もし、貴美子に愛人がいて夫を殺害したとすれば、
状況は圧倒的に不利になる。

本人の岩下は、不倫関係を否定しているが、
伊丹と織枝はかすかな不安をぬぐいきれない。

公判初日....。

伊丹は貴美子の正当防衛を主張するが、凄腕検事の
浜田輝(寺泉 憲)は、貴美子が鳥居を7回も
殴打していることから、殺意があったことを
裁判員に印象づける。

しかも浜田検事の巧みな“誤導尋問”により、娘の成美までもが
「母に殺意がなかったとは言い切れない」と供述してしまい、
伊丹たちはいきなり劣勢に追い込まれてしまう。

その後、浜田検事は素子や岩下のほか、公判前整理手続きでは
明示しなかった証人尋問まで行い、なんと保険金殺人の疑いが
あることまで示唆してきた。

そんな中、伊丹は常に冷めた目で母の貴美子を
見つめる成美のことが気になり、ある仮説を立てるのだが…!? 

はたして、真実はどこにあるのか!? 

伊丹と織枝は執念の調べで、母娘の秘密と
驚愕の真相が明らかに....!!!
スポンサーリンク









豪華キャスト


伊丹秀一 北大路欣也

鳥居貴美子 かたせ梨乃

鈴村成美 前田亜季

鈴村拓也 石垣佑磨

浜田 輝 寺泉 憲

茅原素子 沢田亜矢子

伊丹織枝 松本莉緒

本多和美 山下容莉枝

加瀬直人 山下徹大

鳥居武文 団 時朗 
ほか。

HPから引用。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

"グットパートナー"7話[最終章突入]咲坂弁護士最大のピンチ!? [ドラマ]

image.jpg

竹野内豊さん主演を務める「グットパートナー」第7話が、
6月2日(木)の夜9時からテレビ朝日で放送されます!

今回の案件は、熱海が関係する潰れかけた
温泉旅館を救うため、咲坂弁護士と夏目弁護士が
タッグを組んで挑む!

悪徳業者の裏には、大物政治家の影が...!?

咲坂弁護士最大のピンチ!!!

第6話の視聴率は、9.3%でした!

1桁視聴率が、続いていますね。
最終章に突入するのにこのまま
終わってしまうのでしょうか?

これまでの視聴率!

第1話 12.9%

第2話 9.9%

第3話 10.5%

第4話 11.1%

第5話 9.1%
スポンサーリンク









第6話の感想


赤星(レッド)の過去が、明らかになりましたね。

咲坂弁護士は借入金、3億円の「蕎麦屋いわし丸」の
依頼で、事業再生計画を練ることに...。

財務関係に詳しい赤星がサポートすることに...。

咲坂弁護士とことごとく意見が対立する。

赤星は「再建は無理。早い段階で清算をしたほうがいい」って
冷たいこと言うなぁ〜。

夏目弁護士ともしょっちゅうぶつかっていたのかな〜て
思ったり、咲坂のことが嫌いなの!?
なんて思っていたのですが違いましたね。

1番いわし丸のことを思っていたのは、
赤星だったんだな〜ってジーンとくる回でした!

image.jpg

赤星の実家もサウナやいろんな商売をやっていて
利益を出すため無理やり自転車操業で事業を広げいった。

そのため、雪だるま式に借金が膨らみ、
父親は、無理がたたり倒れ亡くなってしまう.....。

赤星は、実家がそんなことになってるなんて
全く聞かされていなかった。

赤星が、涙ながらに語っている姿を見ていると
なんか泣きそうになりましたね(w_-; ウゥ・・

赤星にそんな過去が、あったなんて咲坂や熱海も
ビックリしてましたね。

結局、この回は赤星にいいとこ全部持って
いかれましたね(^o^)

それと猫田弁護士なんですが、見事に
お見合いRUNで、蘭子(小松彩夏)さんとカップル
になったんですが、ちょっとヤバい匂いが
プンプンするんですが....!?

猫田弁護士気をつけて!!!!

深入りするな!!!!

個人的には、もう一人ゲストで出演されていた
伊藤修子さんと絡んで欲しかったんですが...。

そういえば、遠藤憲一さん主演の「お義父さんと
呼ばせて」で、赤星役の山崎育三郎さんと
伊藤修子さん、共演されていましたね!

2人のコミカルな掛け合いがとても面白かったのを
覚えています(^o^)

この作品のイメージが強かったので、
今回の山崎育三郎さんのお芝居は、
とても新鮮でした!


スポンサーリンク









第7話のあらすじは.....


熱海優作(賀来賢人)が、小学生の時、所属していた
少年野球のチームで、監督をしていた島津善治郎(石井洋祐)が亡くなった。

葬儀に参列した熱海は、息子で同級生の勝太
(渋谷謙人)が、焼香にやってきた土井垣茂(福田転球)を
殴る場面に居合わせる!

熱海は、勝太の代理人となり、示談交渉を進めることになるが....。

実は聞くところによると、島津が経営する温泉旅館「しらかぜ荘」では、
今年の1月に温泉汲み上げ施設の爆発事故が起きていた。

事故の原因は、点検を任されていた業者のミスが、明らかになるが、
その業者は一切の責任を否認する。

家屋の修復や休業などで巨額の借金を背負った島津は
過労がたたり、心筋梗塞で亡くなってしまった。

その業者の社長が土井垣で、勝太は父親の死は
土井垣のせいであると考えていたのだ。

勝太の言い分を聞き、熱くなる熱海。

だが土井垣側の代理人、岬&マッキンリー法律事務所の
岬伊知郎(正名僕蔵)から高額の示談金を提示され、
なすすべなく示談書を作成することに…。

熱海に頼まれ同席した咲坂健人(竹野内 豊)は
一連の件の理不尽さと、たかがイチ中小企業の代理人に
大手法律事務所の岬&マッキンリーがついていることに疑問を抱く。

爆発事故の過失の所在について再調査するため咲坂と熱海は
「しらかぜ荘」を訪れる。

宿敵・岬&マッキンリーとの対決になることを予感した
神宮寺一彦(國村隼)は、夏目佳恵(松雪泰子)と
赤星元(山崎育三郎)も一緒について行き、
咲坂たちをフォローするよう命じる。

「しらかぜ荘」にやってきた4人は、爆発事故当時の
土井垣の非道な扱いと、警察を含めた事故調査のずさんさに、
ある事実を目の当たりにする! 

なんとか土井垣の過失を認めさせたいと考える中、
佳恵がある案を思いつく…!
スポンサーリンク









豪華キャスト&ゲスト


◇出演者

咲坂健人...竹野内豊

夏目佳恵...松雪泰子

熱海優作...賀来賢人

赤星 元...山崎育三郎

城ノ内麻里...馬場園梓(アジアン)

茂木さとみ...岡本あずさ

島谷涼子...宮崎香蓮

グエン...上地春奈

咲坂みずき...松風理咲

猫田純一...杉本哲太

朝丘理恵子...宮地雅子

九十九 治...大倉孝二

神宮寺一彦...國村隼
ほか。


ゲスト
福田転球

正名僕蔵

あめくみちこ

横田栄司

新井康弘

清水紘治

渋谷謙人

小松彩夏

藤野大輝

高橋美津子

羽場涼介
ほか。

HPから引用。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

内藤剛志主演"警視庁捜査一課長"第8話の犯人は新婦の父親!? [ドラマ]

image.jpg

内藤剛志さんが主演を務める"警視庁捜査一課長"第8話が、
6月2日(木)の夜8時からテレビ朝日で放送されます!

犯人は、新婦の父親!?母親!?

遺体は「サクラ」!?

殺されたのは、結婚式に派遣された代理出席者!?

新婦役に元モーニング娘。の石川梨華さんが演じます!

新婦の父親役に渡辺徹さん、
母親役に古村比呂さんが演じます!

第7話の視聴率は、9.0%でした!

ヤバいですね〜
また、下がっちゃいましたね。

最終回が近づき盛り上がってくると
思いきや....。

残念(>_<)

最終回は、8%台で終わっちゃうかもよ。

これまでの視聴率。

第1話 11.4%

第2話 12.2%

第3話 9.2%

第4話 8.7%

第5話 10.0%

第6話 9.3%
スポンサーリンク









第7話の感想。


視聴率を見ての通り
第7話は、はっきり言って
面白くなかったですね。

個人資産100億の屋敷社長を殺した犯人は、
フリーライターの多田野で、その後、
共犯の胡散臭さ100%の顧問弁護士の臼井が、
全てを自分のものにしようと多田野を殺害する。

そのあと、罪を被せようと多田野に呼ばれた
波瑠美は、社長と多田野の遺体を
発見する!

混乱した波瑠美は.....。

image.jpg

夫が亡くなった時と同じく、どうせ私が疑われると思った波瑠美が、
多田野の遺体を自宅から浅草の月の夜ビルに移動する。

犯人が、見つかるまでの時間稼ぎをしようと
捜査をかく乱させようと...。

なんでわざわざ移動さすねん!!

どんだけ防犯カメラが
あると思ってんねん!!

やっぱり、捕まっちゃった(>_<)

それも波瑠美の夫を殺したのも
臼井だったなんてそこまでは、
見抜けませんでした。

若妻の和歌子も絡んでると思ったのですが、
違いましたね(^o^)

スポンサーリンク












第8話のあらすじ。


不動産会社に勤務する、契約社員の猪狩満(吉野正弘)の
遺体が発見された。

大岩捜査一課長が、臨場すると遺体のポケットから
100万円と結婚式の招待状が見つかった。

だが、招待状の宛名は別人だった。

とりあえず、結婚式の会場に向かった平井真琴(斉藤由貴)は、
新婦・田嶋桜(石川梨華)の両親を見て驚く!

平井は、殺害現場の近くで、父・田嶋洋(渡辺徹)と
母・奈津子(古村比呂)の姿を見かけていたのだ。

また、真琴は新婦側のテーブルに着いている面々が、
会話をすることもなく、異様な雰囲気であることにも気づく。

調べによると、どうやらそのテーブルに集められた人たちは、
新婦の父、田嶋洋の依頼で、派遣業者を通して代理出席を
請け負った“赤の他人”であることが判明!

殺害された猪狩もまた、代理出席を頼まれた
“サクラ”だったとわかるが…!?

さらに、田嶋洋が結婚式前日に銀行から100万円を
降ろしていた事実も発覚して…!?

豪華キャスト&ゲスト


大岩純一……内藤剛志

平井真琴……斉藤由貴

小山田大介……金田明夫

天笠一馬……鈴木裕樹

笹川健志……本田博太郎

大岩小春……床嶋佳子
ほか。

ゲスト
渡辺 徹

石川梨華

古村比呂

野村真美 
ほか。

HPから引用。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

"警視庁捜査一課9係"第9話あらすじとキャスト&8話感想と視聴率!? [ドラマ]

image.jpg

渡瀬恒彦さん主演の「警視庁捜査一課9係」
第9話が6月1日(水)の夜9時からテレビ朝日で
放送されます!

第8話の視聴率は、13.6%でした!

さすが、内容かよかっただけに
視聴率も13%を超えてきましたね(^o^)

この調子で、最終回まで頑張って
ほしいですね!

これまでの視聴率は、

第1話 13.9%

第2話 12.5%

第3話 12.7%

第4話 12.0%

第5話 13.1%

第6話 12.1%

第7話 10.7%

第8話の感想。


いつもの9係とはちょっと違う
始まり方でしたね。

最初は、ん...?

3人の登場人物「男」「女」「子供」が、
拳銃を所持している事をきっかけに、それぞれ3組に分かれた
9係のメンバーが、同じ場所で出会い殺人事件へとつながる。

最初、何が起こったのか分からなかったけど、ストーリーが、
進むにつれて、あ!そういうことかって、
とても新鮮で面白かったです(^o^)

葛山信吾さんが、まさかの麻薬取締官だったとは
ビックリでしたね(^o^)

麻薬取締官という仕事と家族とのあいだで苦しんでいる男の心情が、
係長の語るシーンでとても切なくて心にジーンと来るものがあり、
とても良かったです(^o^)

しかし、係長が葛山信吾さんが子供にプレゼントしたモデルガンを見て、
葛山信吾さんが麻薬取締官って見抜くところも凄かったですね(^o^)

最後、子供をかばって葛山信吾さんが拳銃で撃たれ、
葛山信吾さんを今まで受け入れることができなかった子供が
「お父さ〜ん!!!」って号泣するシーンは、ちょっと泣きそうになりました(>_<)
生意気だった子供だけに....(>_<)

あと、気になったのは矢沢のハンチングに蝶ネクタイという姿には
笑っちゃいましたね(^o^)

ステッキは、いらないと思うのですが....(笑)
スポンサーリンク









第9話のあらすじは.....


矢沢(田口浩正)は、漫画家の妻、早苗(畑野ひろ子)と共に
ヴァンパイアアニメ映画『闇のクロニクル』のパーティに出席した。

image.jpg

すると、原作者の人気漫画家・秋絵(山下裕子)が
コスプレ姿で死んでいた。

どうやら転落して死亡したようで、靴も揃えてあったため、
自殺だと思われたが、自殺にしては不自然な体勢で、
しかも背中にスタンガンのあとがあり、他殺だと思われた。

一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は、ドレスコードに従って
ヴァンパイアのコスプレ姿だった秋絵が、
本人に似合ういい女風のバルバラではなく、ギャル風の
アデリナに扮していたのが腑に落ちない様子。

さらに、右手の長手袋が無くなっているのも気になるようだ。

青柳(吹越満)と矢沢は、「闇のクロニクル」のアニメの
アフレコ現場で、監督とプロデューサーから、秋絵が現場に
口を出す嫌われ者だったことを聞きだした。


最近では、アデリナ役のアイドル声優・玲奈(森高愛)を
降ろせと言ったり、傍若無人な振る舞いがエスカレートしていたという。

パーティでの玲奈はアデリナのコスプレをしており、
その控室は現場の真上だった。

倫太郎と直樹(井ノ原快彦)は、結婚したばかりの
秋絵の夫・宮嶋(古原靖久)から話を聞く。

秋絵よりも20歳ほど若い宮嶋は売れないバンドマンだったが、
結婚をしてからは、秋絵のアニメの主題歌を担当するなどして
一躍売れっ子になり、「ロック界の逆玉王」と呼ばれているとか。

それだけでも十分怪しいのに、直樹たちは宮嶋の不自然な言動から、
彼と玲奈の不倫の現場を撮影した写真を発見した!

写真は、「闇のクロニクル」の出版元が発行する週刊誌のカメラマン武田が、
きな臭い噂のある衆議院議員を追っていた際に偶然に撮れたのだという。

志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、秋絵の意向で表ざたに
しなかったと編集部員から聞き出した。

そんな時、玲奈の脱いだ服の間から、
秋絵の長手袋が発見された! 

犯人は玲奈!? 

痴情のもつれか、仕事の恨みか、はたまた不倫相手の
宮嶋と共謀しての金目当ての犯行なのか!?

事件の裏には、驚愕の重大事実が隠されていた!
スポンサーリンク









豪華キャスト&ゲスト


レギュラー出演者

加納倫太郎……渡瀬恒彦
浅輪直樹……井ノ原快彦
小宮山志保……羽田美智子
村瀬健吾……津田寛治
青柳靖……吹越満
矢沢英明……田口浩正
早瀬川真澄……原沙知絵
石川倫子……中越典子
早乙女静香……野際陽子
ほか。

ゲスト
大内秋絵 … 山下裕子
宮嶋類 … 古原靖久
柚木玲奈 … 森高愛
ほか。

HPから引用。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

片岡鶴太郎主演の最新ドラマ "有馬温泉殺人事件"にアントニオ猪木が出演! [ドラマ]

image.jpeg

片岡鶴太郎さんが主演を務める新シリーズ
温泉殺人事件シリーズ 「有馬温泉殺人事件」
が5月30日(月)の夜9時からTBSで放送されます!

本人役でアントニオ猪木さんが友情出演されます!

なんと、猪木さんはロケ先の旅館に偶然宿泊していて、出演オファーしたところなんと快諾!
本人役での出演となったそうです。

image.jpg

猪木さんは、撮影終了後、「元気ですかー! 元気があればドラマに
も出演できる! 鶴太郎さん主演の新作ドラマの撮影と聞き、
ふしぎなご縁を感じます。

どのような映像が流れるのか、放送を楽しみにしています」と
感想を述べました!

このドラマは、ミステリー作家・吉村達也の
「温泉殺人事件シリーズ」の「有馬温泉殺人事件」が原作です!

片岡鶴太郎さんが演じる警視庁捜査一課の警部、
志垣良雄と浅利陽介さん演じる部下の刑事、
和久井一郎がコンビを組み有馬温泉で起こる殺人事件の謎に挑む!

物語が進むにつれて、有馬温泉地の風景や
観光情報も盛りだくさんで、旅情もたっぷりで
見どころがいっぱい!!

志垣と和久井の掛け合いや家族団らんのシーンなど
コミカルなシーンもたっぷり!


スポンサーリンク









ドラマのあらすじは....


警視庁捜査1課の警部、志垣良雄(片岡鶴太郎)は
妻の素子(あめくみちこ)、娘の直子(尾藤亜衣)と3人暮らし。

ある日、志垣のもとに、幼なじみの吉崎波満子(かたせ梨乃)から
手紙が届く。

波満子は、兵庫県神戸市にある日本三古湯の1つである
有馬温泉の老舗旅館で、おかみをしており、志垣一家を
招待したいという。

だが、その手紙が自宅ではなく、警視庁に届けられたことに
何か相談があるのではないかと考える。

志垣は、家族ではなく部下の和久井一郎(浅利陽介)を
連れて出掛ける

40年ぶりに再会した志垣と波満子は喜び、思い出を懐かしく語り合う。

だが、波満子は複雑な事情を抱えていた。

旅館の主人、吉崎俊基(深作覚)の後妻に
納まりおかみとなったが、主人は2年前に事故死していた。

波満子には理子(黒川智花)が、吉崎には咲月(宮下ともみ)と
いう連れ子がそれぞれおり、多感な娘たちは両親の結婚に複雑な
思いを抱いていた。

波満子は、吉崎の亡くなってすぐに旅館の強引な
改築や従業員たちに厳しくなったりと、ワンマンぶりには
我慢できないと不平不満が、噴出している。

吉崎の事故死に不審な点が多く、実は波満子が、
殺したのでは、と噂するものもいた。

旅館の大番頭・春日井道彦(小野武彦)は不幸な
事故だったと語るが、真相は闇のままだ。

理子からは、波満子の派手な男性遍歴を聞かされ
かつて、志垣が憧れた面影とは想像もつかない
変わり様に驚く!

一方、東京ではフランス人建築家のポール・ラガシュ
(ピエール・ペアン)が刺殺体となって発見された。

志垣の同僚たちが捜査を進めると、殺された建築家の
ポールと波満子が深い仲にあったことが判明する。

志垣と和久井は、管理官の神崎洋一(飯田基祐)の命を
受けて、波満子に事情を聞くことに。

ポールとの関係を強く否定する波満子だが…。

その夜、波満子から人知れず会いたいとのメールが
志垣に届く。

慌てて駆けつけるも波満子の姿がない。

吉崎とポール殺害の疑惑を持たれたまま姿を消した
波満子を、志垣は懸命に捜すのだが…。
スポンサーリンク









豪華キャスト


志垣良雄:片岡鶴太郎

和久井一郎:浅利陽介

吉崎理子:黒川智花

沢田なる美:宍戸美和公

神崎洋一:飯田基祐

山田珠代:山下裕子

服部伸之:浦山可児

坂巻源太:植木祥平

堀咲月:宮下ともみ

根本晋一:五辻真吾

吉崎俊基:深作覚

ポール・ラガシュ:ピエール・ペアン

志垣素子:あめくみちこ

志垣直子:尾藤亜衣

谷本卓也:パーマ大佐

春日井道彦:小野武彦

吉崎波満子:かたせ梨乃
ほか。

HPから引用。

片岡鶴太郎さんコメント


「月曜名作劇場」の新シリーズの主役に迎えていただき、
うれしく思います。

数年前に原作の吉村達也先生のご本の装丁を担当したことが
あるので、今回の出演はふしぎなご縁を感じます。

自分の相棒の和久井刑事が誰になるのか、楽しみにしていたのですが、
浅利陽介君に決まりよかったです。

衣装合わせのとき初めて会って、二人の芝居をコミカルに
しようと提案したところ、浅利君も監督も賛成してくれて、
いいコンビができると思いました。

明るくてチャーミングな俳優さんで、現場でも僕の芝居を 
受けて自然に返してくれました。

妻役のあめくみちこさんとは気心が知れているので、
家族のシーンもいい手応えを感じています。

ゲスト出演者のかたせ梨乃さんとも何度も共演がありますが、
安定した演技はさすが。

シリーズ第一作に かつて憧れていた幼馴染という役で
ご登場いただき、華のあるシーンを撮ることができました。

有馬温泉を訪れるのは今回が二度目です。新緑のいい季節に
撮影ができて、ご当地の魅力をたっぷりとドラマの画面に
感じていただけることと思います。
スポンサーリンク










小雪主演の話題ドラマ"ゴールドウーマン"で鈴木保奈美と初共演! [ドラマ]

image.jpg

小雪さんが、主演を務めるドラマスペシャル
「ゴールドウーマン」が、5月28日(土)の
夜9時からテレビ朝日で放送されます!

小雪さんは、このドラマがテレビ朝日初主演で、
鈴木保奈美さんと初共演だそうです。

小雪さんは、保奈美さんが出演されていた
「東京ラブストーリー」をよく見ていたそうで、
セリフを覚えるほど大好きで、共演するのが楽しみだったそうです。

撮影中は、夢の中にいるような不思議な感覚で、
とても癒されていたとコメントされています!

このドラマは、芦崎笙さんの作品で、2013年、
第5回日経小説大賞に輝いた小説『スコールの夜』が原作です。

現役財務省参事官が綴ったことで大きな話題を
巻き起こしたこの作品を、2016年の現在に舞台を
移してドラマ化!

巨大銀行の闇と男社会の陰謀に果敢に立ち向かう
"たたかう女"!

女性上司の策略、後輩社員の不穏な行動、派閥争いと保身しか頭にない幹部!

悪事は、すべて叩き斬る!
スポンサーリンク









【ドラマスペシャル ゴールドウーマン予告動画】



ドラマのあらすじは.....。


吉沢環(小雪)は、帝都銀行"総合企画部関連事業室"の
室長に抜擢される!

しかし、それと引き換えに新頭取の甲斐田剛彦(寺泉憲)から
子会社の「帝都事務サービス」の解体と200人にも及ぶ、
社員のリストラを命じられる!

帝都事務サービスの累積赤字はここ数年悪化する一方で、
就任1年目での赤字決算は避けたいという甲斐田の強い意思による命令だった。

環をこのポストに推薦してくれたという同じ女性総合職の
先輩・矢島舞(鈴木保奈美)の立場もあって、絶対失敗はできない…。

環は部下の斉田勉(駿河太郎)を連れて、帝都事務サービスに乗り込む。

だが、帝都事務サービスの常務・安原由雄(菅原大吉)や
厚生事業課長の庄司義彦(六角精児)らリストラ対象者は大反対!

一方、帝都銀行からの出向者である総務部長・菊田祐介(村上弘明)は、
帝都事務サービスの社員たちから「裏切り者」と恨みを買いながらも、
環の指示の下、退職勧奨という苦しい仕事に黙々と取り組んでいた。

そんな、菊田は環の入行時の教育係で、恩人ともいえる存在だった。

そんな中、斉田が思いもよらぬ情報をもたらした。

実は、この昇進は、目標にしていた舞の差し金で、
本来なら舞がするはずだっだ関連事業室の室長を体よく
“汚れ仕事”を押し付けられたのだ。

そんな舞は、さらに上のポストである資金調達部次長の
イスに収まった。

懐疑的な状態の中、環は帝都事務サービスが
銀行本体のかげの部分を長年担ってきたダーティーな
会社だということが見えてくる.....。

【主な登場人物】


image.jpg
吉沢 環(よしざわ・たまき)(38)..…小雪

女性総合職として帝都銀行に入行して15年。

女性としては破格のスピードで昇進し、
総合企画部関連事業室長に抜擢された。

そこで命じられたのは、関連会社である
『帝都事務サービス』の解体。

自身の実力を認められての大抜擢だと思っていたが、
背景には底知れぬ策略がうごめいていて…!? 

正義感が強く、カネと権力に飽くなき欲望を抱く
男たちに怒り、“鬼”になることを決意する!


image.jpg
矢島 舞(やじま・まい)(41)……鈴木保奈美

資金調達部・次長(役員待遇)。

環の3期上の先輩で、若くして天井知らずの
ラインに乗った、女性総合職の出世頭。

如才なく、つかみどころのない女で、
環を現在のポストに推薦した張本人。


image.jpg
斉田 勉(さいだ・つとむ)(35)……駿河太郎

総合企画部関連事業室主任。

環の部下。会社の闇を炙り出そうとする
環を心配し、サポートする。


image.jpg
権藤昌義(ごんどう・まさよし)(55)……伊武雅刀

帝都銀行専務。

新頭取・甲斐田派。

環に目をかけているようだが、腹には別の思惑が…!?


image.jpg
甲斐田剛彦(かいだ・たけひこ)(56).…寺泉 憲

就任したばかりの帝都銀行の新頭取。

前体制が残した負の遺産を清算すべく、
大胆なリストラを決断。

環に“死刑執行人役”ともいうべき役割を命じる。


image.jpg
庄司義彦(しょうじ・よしひこ)(49).…六角精児

子会社『帝都事務サービス』厚生事業課長。

リストラに激しく抵抗する。


image.jpg
石田晃嗣(いしだ・あきつぐ)(43).…矢野浩二

帝都銀行の顧問弁護士。

8年前に別れた環の元夫。


image.jpg
河原明日香(かわはら・あすか)(28)……MEGUMI

帝都銀行の女性総合職。

営業第一部で大手鉄鋼メーカー担当という、
花形ポストを任されている。

東大卒の才媛だが、噂好きな一面も。


image.jpg
安原由雄(やすはら・よしお)(55)……菅原大吉

『帝都事務サービス』常務。

解体のために乗り込んできた環に対し、
過激なまでに反発。

「やれるもんなら、やってみな!」
「女に何ができる!」と環を恫喝する。


image.jpg
田村房江(たむら・ふさえ)(71)……吉行和子

支店在籍時代、環が融資を担当した
小さな町工場社長の妻。

10年前、環と“ある約束”を交わしており、
それが今の環を支えている。


image.jpg
西條最高顧問(さいじょう・さいこうこもん)(72)……山本 學

帝都銀行の3代前の頭取。

カリスマ的存在で、現在も行内ばかりか
グループ全体に隠然たる影響力を有している。


image.jpg
菊田祐介(きくた・ゆうすけ)(48)……村上弘明

『帝都事務サービス』総務部長。

帝都銀行からの出向組。

新人時代の環の教育係であり、
環にとって恩人であり、あこがれの存在。
スポンサーリンク









小雪さん(吉沢 環 役)コメント

「“男性社会の中で女性が生き抜く姿を描きたい”と、
この作品のお話をいただきました。

重厚感のある脚本で、どう表現していこうか楽しみも
不安もありましたが、新しいものにチャレンジする
気持ちは常に持っていたいので、やりがいのある
お仕事だなと思って取り組んでいます。

私が演じる主人公・環は、がむしゃらで思ったとおりに
まっすぐ突き進むタイプ。“仕事ができるという以上に、
責任感を持って仕事にあたる女性で、
“志”と“勢い”がありますね。

目標突進型で、あまり振り返ったりしないところは、
私と似ているかもしれません。

環にとって、舞はその背中を指針にしてきた
憧れの先輩ですが、それは私の保奈美さんへの
思いと同じ。

保奈美さん独特の雰囲気、透明感、
声を肌で感じることができて、
今回の撮影ではとても癒されています!

この作品の舞台となった銀行のような
男性社会で女性が生き抜くのは、
とても大変なこと。

女性の皆さんにとって爽快感が味わえる
ドラマになると思います」

鈴木保奈美さん(矢島 舞 役)コメント

「これまでこういった“企業モノ”の
ような作品に出演したことがなく、
カッコいい女性の役をやらせていただけてうれしいです。

でも私自身が企業に就職した経験がないため、
男性陣の役職を見ても誰がどう偉いのかわからず、
力関係を把握するのに大変戸惑い、
通常の3倍ぐらい台本を読むのに時間が
かかってしまいました(笑)。

舞は、頭がよいだけではなく、
処世術もきちんと身につけた女性。

はたからみたら嫌な女だと
思われるかもしれませんが、
彼女の中にはきちんと信じるものがあり、

"目標を実現させるためには自分が
有利に生きていかなければならない"という
自分なりの論理で生きている女性だと思います。

舞はおそらく、後輩の環のことがすごく好きで、
ちょっとちょっかいを出したい気持ちもあるんじゃないかな。

それは私自身にも共通するところで、
現場では小雪さんのことをジーッと見つめちゃって…(笑)。

小雪さんは大人っぽくて落ち着いていておしとやか、
というイメージを抱いていましたが、意外とせっかちかも!? 
落ち着いていながらも、物事をサササッと進めていくタイプかなと思いました。

働いている方だけではなく、生きにくさを感じている女性たちが
このドラマを観て共感してくれたらいいな。

そして、溜飲を下げてくれるようなことがあればうれしいですね」

芦崎 笙さん(原作)コメント

「デビュー小説がドラマ化されるなんて夢のようです。
原作を超えて、より時代性、エンタメ性をもったドラマへと
パワーアップしそうですね。とっても楽しみです。

小雪さんと鈴木保奈美さんは、
タイプは違いますが、お二方とも女性らしさと
力強さが交錯する演技のできる女優さんですね。

ドラマで激突する場面を想像して、
今から心待ちにしています」
スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

"グットパートナー"第6話のあらすじと動画&5話感想と視聴率!? [ドラマ]

image.jpeg

竹野内豊さん主演の最新ドラマ「グットパートナー第6話が
5月26日(木)の夜9時からテレビ朝日で放送されます!

倒産寸前の「蕎麦いわし丸」を救え!!

咲坂vs赤星の火花散るバトルが勃発!

そして、咲坂と佳恵元夫婦が復縁…!?

第5話の視聴率は、9.1%でした!

最低視聴率が、出ましたね。

8%台突入しちゃうのでしょうか!?

第5話おもしろかったのに〜.....
残念

これでまでの視聴率!

第1話 12.9%

第2話 9.9%

第3話 10.5%

第4話 11.1%

第5話 9.1%

グットパートナーだけに限らず、
他局で放送されているドラマも
軒並み視聴率が悪いですね〜。

予想通り、第5話は夏目弁護士が、
大活躍でしたね(^o^)

テーマがセクハラということだったんで、
必ず夏目弁護士が、前に出てくると
思っていました。

めっちゃカッコよかった^^

image.jpg

看護師全員に退職願を書かすところなんか
夏目弁護士(ママ)最高!!!

咲坂弁護士も「Good Job!」て感じでしたね(^o^)

しかし、厚木外科部長最低でしたね

クズですね。クズ!

厚木(セクハラ外科部長)を辞めさすの遅すぎる!!!!

被害にあった新人看護師の桜井に夏目弁護士に
謝るよう言われたセクハラ外科部長は、
まともに謝りもせず、出て行くところも
クズでしたね!

でも、夏目弁護士が、裁判になったらあんな
余裕は、なくなるし何ヶ月後かには、土下座する
ことになるって、桜井看護師に話していたところ
もしびれましたね(^o^)

今回だけではなく、今まで何度もセクハラを
繰り返して、問題にすることなく、
ナースを辞めさすことで、収めてきた。

今まで好き勝手に厚木を甘やかしてきた
桂院長も悪いですね!

しかも、葛原事務長を辞めさせようとするなんて、
厚木だけでなく、院長も辞めさすべき!!
スポンサーリンク









【グットパートナー第6話 予告動画】

続きを読む


"警視庁捜査一課長"7話のあらすじと動画&6話感想と視聴率!? [ドラマ]

image.jpg

内藤剛志さんが主演を務める「警視庁捜査一課長」第7話が
5月26日(木)の夜8時から放送されます!

第7話のゲストは、
洞口依子、羽場裕一、三輪ひとみ、
湯江健幸など。

第6話の視聴率は、9.3%でした!
また、視聴率が1ケタになってしまいましたね。
このままズルズルと下がっていくのか!?

もしかして「七色に光るご遺体」のせいで...!?
ちょっと変わったことをし過ぎるのも
少なからず、影響があるのかも?

これまでの視聴率は、

第1話 11.4%

第2話 12.2%

第3話 9.2%

第4話 8.7%

第5話 10.0%

スポンサーリンク









6話をふりかえると....


「七色のご遺体」で発見された印刷会社社長、
宮下薫を殺害したのは、元ネイルサロン経営者で、
Bar黒蜜の経営者、「梅田三津子」と
メトロポリス不動産の「サワキ」でしたね。

借金を抱え取り立てに追われている三津子と
株の失敗で500万円の借金があるサワキは、
再開発のため、立ち退き交渉でBar黒蜜に
行くうちに親しくなり、犯行に及んだ。

結局、金庫からお金を盗み出すことができず、
サワキが、薫をバールで殴り殺害。

ラメを大量にかけたのは、薫と三津子が
揉みあった際、三津子の顔に塗っていた
ラメが、薫の皮膚や衣服に付着したため。

証拠を消すためとはいえ、レインボーカラーで
仕上げられ、気の毒なことです(´;ω;`)

なぜ、わざわざラメの入ったネイル道具を
持って行ったのか?

逆に邪魔な物なのにね(^o^)

その後、三津子が経営するBar黒蜜が入っている
ビルを放火し、火災保険を受け取ろうとしたが、
これも失敗....。

これで、いい加減あきらめた....!?

いや〜これにも飽き足らない2人は....。
(もーいい加減あきらめろや〜)

またまた今度は、サワキの上司、秋本部長の
母親から500万円を盗むことに....

またもや、これも失敗....。

この時、三津子がネコババしようとしたことが
わかり、サワキにナイフで殺される。

何回やっとんねん!
しつこいわ!

これで、おしまいです。

やっぱり、大福とヤマさんの掛け合いは、
面白いですね(^o^)

大福が、Bar黒蜜で見つけたネイル道具の中には
ラメが入っていた空のビンを発見する。

image.jpg

ヤマさんは至急、鑑識に回そうとするが、大福はまだ、
令状をとっていないと止める。

ヤマさんは「オレがあとで、始末書かくから!」とビシッと決める!

すかさず、大福は「さすが減給処分もいとわない刑事魂ですか?」と
言った途端「減給?そうなの?えっ?」と言って....。

ネイル道具を持って行こうとする部下から
取りあげようとするヤマさん。

面白かったけど、ヤマさんカッコ悪すぎ(笑)
大福に遊ばれてる(^o^)

髪の毛でビンタしたシーンも笑いましたね(^o^)
スポンサーリンク










<警視庁捜査一課長第7話予告動画



第7話あらすじ


東京の田園調布で、強盗殺人事件が発生!

至急、大岩捜査一課長が現場に臨場する。

刺殺されたのは個人資産100億円の
大手商社社長・屋敷博史(坂口信也)。

総額2億円の金品が、現場の豪邸から
持ち去られていた。

若妻の和歌子(三輪ひとみ)は、顧問弁護士・
臼井直人(羽場裕一)の自宅に泊まっていたとアリバイを主張する。

和歌子は、莫大な遺産を相続することになる。

屋敷の死体を発見した時は、玄関の鍵は閉まった
状態だった。

合鍵を持っていた家政婦の西崎波留美(洞口依子)の指紋が、
凶器の和包丁から検出された。

連絡が取れず、行方不明の波留美を早急に探す
方針で捜査会議は決まった矢先....。

「私、人を殺しました。逮捕してほしいんです
けど…」と波留美が自首してきた!

これで、事件は、早期解決かと思われたが…
なんと彼女は屋敷の殺害を否認。

同じ時刻、浅草で別の殺人を犯したと自供する…!

そして、彼女の供述どおり、フリーライターの
多田野民夫(湯江健幸)の遺体が浅草で
発見された。

田園調布の事件の容疑者が、同じ時刻に浅草で
事件を起こした…。

2つの事件に関連性はあるのか!?

平井真琴(斉藤由貴)は波留美の過去について
捜査を始める。

豪華キャスト&ゲスト

大岩純一……内藤剛志

平井真琴……斉藤由貴

小山田大介……金田明夫

天笠一馬……鈴木裕樹

笹川健志……本田博太郎

大岩小春……床嶋佳子
ほか。

ゲスト
洞口依子

羽場裕一

三輪ひとみ

湯江健幸
ほか。

HPから引用。

【関連記事】

"警視庁捜査一課長"第6話のあらすじ&視聴率と予告動画!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

"共犯 元刑事 永井耕作の誘拐捜査"ドラマのみどころ&キャストは!? [ドラマ]


image.jpeg

橋爪功さん主演の最新ドラマ水曜ミステリー9「共犯 元刑事 
永井耕作の誘拐捜査」が6月1日(水)の夜9時から
テレビ東京で放送されます!

元刑事が21年前の幼女殺害事件の闇に迫る!

かつての自分の捜査は正しかったのか?

幼女誘拐事件に隠された真相とは?

深谷忠記の傑作ミステリー小説をドラマ化!
スポンサーリンク









ドラマのあらすじは.....


東京都国立市で、東央大学の海老沢夏彦准教授(丸山智己)の
3歳になる1人娘の美菜(早坂ひらら)が失踪する事件が発生する!

夏彦が少し目を離したすきに美菜がいなくなり、
現場からは、赤いスポーツタイプのセダンが、
走り去るのを目撃されていた。

美菜の母親の早苗(原田夏希)は、21年前に起きた
幼女殺害事件の容疑者である春山達夫(本田博太郎)の娘だった。

当時、この事件を担当していたのは、元刑事の警備員・
永井耕作(橋爪功)で、春山の犯行だと確信していたが、
証拠不十分で不起訴になった。

永井は、21年前の事件と今回の事件には春山と
何らかの関係があるのではと直感すると独自で
動き始める。

そこ頃、夏彦のもとに美菜を誘拐した人物か
連絡があり、なんと!犯人は「一週間で必ず帰す」と
告げられたという。
スポンサーリンク









一方、国立署の岩佐純(渡辺大)ら警察は、
現場で目撃された、赤いスポーツタイプの
セダンを手掛かりに捜査を進めていた。

目撃情報から、良く似た車を所持している、
医師・国分哲士(長谷川朝晴)が、毎週末、
別荘へ行く際に美菜がいなくなった、失踪場所付近を
通るという。

そして、別件で児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑の
令状を持って、別荘にいる国分の元へ。

すると、別荘内で美菜の髪の毛や洋服の繊維を発見する。

しかし、国分は取り調べで、美菜の失踪事件については
何も知らないと否定する。

永井は、新聞で国分が逮捕されたことを知ると
驚きを見せる!

実は国分は、21年前の幼女殺害事件でも疑いを
かけられていたのだ。

しかし当時、国分にはアリバイがあり、容疑者リストから
外されていたのだ!

永井はかつて幼女殺害事件を一緒に担当した刑事・
西川庸三(益岡徹)のもとへ。

21年前にも「国分のDNA鑑定をしろ」と警察宛に
タレコミがあったことなどから、永井も西川も21年前の
事件の真犯人は国分だったのではないかと疑い始めるが…。

豪華キャスト


永井耕作  ・・・  橋爪功
岩佐 純  ・・・  渡辺大
海老沢早苗  ・・・  原田夏希
海老沢夏彦  ・・・  丸山智己
国分哲士  ・・・  長谷川朝晴
国分雅夫  ・・・  黒部進
室伏琢巳  ・・・  梨本謙次郎
石渡恵介  ・・・  大鶴義丹
スナックのマスター  ・・・  菅原大吉
風間恭子  ・・・  三倉佳奈
春山達夫  ・・・  本田博太郎
広丘真之  ・・・  大杉漣
西川庸三  ・・・  益岡徹
三ツ橋蓉子  ・・・  有森也実
など。

HPから引用。

タイトルに誘拐捜査って珍しくないですか?
今までにない面白そうなドラマですね(^o^)

テレビ東京、水曜ミステリー9で、橋爪功さんの
主演されていドラマは、旅行作家・茶屋次郎や
和泉教授夫妻シリーズ など大好評で、
シリーズ化されていますが、

今回の作品はどうでしょうか!?

豪華キャストが勢ぞろいで、深谷忠記さん原作の
人気傑作ミステリー小説ということもあり、
高視聴率間違いないのでは....!?(^o^)
スポンサーリンク
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。