So-net無料ブログ作成

鬼平犯科帳ファイナル前編のあらすじやキャストと視聴率まとめ! [ドラマ]

※12月5日追記!

鬼平犯科帳ファイル前編の視聴率は、

12.3%でした!





スポンサーリンク






鬼平犯科帳ファイナル前編のあらすじやキャスト
と視聴率などまとめてみました!

中村吉右衛門さん主演の「鬼平犯科帳ファイナル前編
『五年目の客』」が、12月2日(金)の夜9時から
フジテレビ系で放送されます!

165A516F-DFAD-4DF2-9B2F-C98F925AB970-333-00000022A4ED611E_tmp.png

出典 : https://goo.gl/vjWfzz

このドラマの原作は、池波正太郎 さんの
人気小説「五年目の客」です。

28年間にわたり、ロングランで放送されてきた
鬼平犯科帳がついにフィナーレを迎えることになりました!

2011年には国民的時代劇「水戸黄門」が、
42年間という超ロングランの放送に、
幕を閉じましたが、鬼平までも終わってしまう
なんて、時代劇ファンとしてはとても残念で
仕方ありません(-_-;)

このドラマには、鬼平犯科帳の大ファンである 歌手のさだまさしさんがゲスト出演されます!

さだまさしさんが演じるのは町中の白玉売り。

6D5537CA-1552-4418-9602-FF91EC580074-333-00000021FC31BD4A_tmp.png

出典 : https://goo.gl/vjWfzz

わずかな出演シーンにもかかわらず、
1ヶ月ほど役作りをしたそうです。

セリフがあることに驚いていたそうで、
鬼平ファンのさださんは、台本を
もらった時は、ちょっと手が震えたと
コメントをされています(^o^)

それと、気になるのが視聴率、
ファイナルということもあり、
鬼平ファンにみならず視聴者も
気になるところではないでしょうか♪

一応、過去の視聴率も調べてみましたので
よかったらご覧になってください!

◇「鬼平犯科帳」歴代の視聴率◇


※シリーズ1(1989年7月12日~
1990年2月21日)
全26本 ... 16.5%

※シリーズ2(1990年4月4日~
1991年3月27日)
全21本 ... 16.5%

※シリーズ3(1991年11月20日~
1992年5月13日)
全19本 ... 18.1%

※シリーズ4(1992年12月2日~
1993年5月12日)
全19本 ... 17.5%

※シリーズ5(1994年3月9日~
1994年7月13日)
全13本 ... 15.1%

※シリーズ6(1995年7月19日~
1995年11月1日)
全11本 ... 13.6%

※シリーズ7(1996年8月21日~
1996年9月4日/1997年4月16日~
1997年7月16日)
全15本 ... 14.4%

※シリーズ8(1998年4月15日~
1998年6月10日)
全8本 ... 14.9%

※シリーズ9(2001年4月17日~
2001年5月22日)
全5本 ... 13.6%

※スペシャル版(2005年2月8日~
2015年1月9日)
全11本) ... 14.0%

【 全148本:平均視聴率15.8% 】

ちなみに最高視聴率は、
1992年5月13日に放送された
「密偵たちの宴」... 23.6%

・視聴率はビデオリサーチ・関東地区調べ

さすが人気の時代劇だけあって28年という
長い年月にもかかわらず、安定した視聴率で、
平均視聴率も15%を超えています!

ファイナルの視聴率は発表され次第、
追記しますのでお楽しみに♪




スポンサーリンク






◇「五年目の客」前編の視聴率◇


長谷川平蔵(中村吉右衛門)は、
おまさ(梶芽衣子)らと一緒に
船で市中を見回っていた。

山谷堀に入ったところで、伊三次(三浦浩一)が
遠州の大盗賊、波左間の文蔵(吉澤健)の
手下であった江口の音吉(谷原章介)を見つける。

おまさは、文蔵と音吉が江戸で盗みを
働くことに備え、音吉の後をつけることに。

おまさらは、文蔵と音吉の狙いが
「丹波屋」という旅籠であることを突き止める。

「丹波屋」の主人は源兵衛(平泉成)、
おかみはお吉(若村麻由美)。

おまさは、お吉を見ると険しい表情になる。

お吉は、音吉と船宿であいびきを
していた相手だったからだ。

お吉は、5年前に病弱だった弟の庄次(渡辺大)の
ために品川の遊郭で働いていた。

その遊郭に遊びに来た音吉と出会い、
音吉が寝ている間につい出来心から
五十両を盗んでしまった。

その後、源兵衛と出会い、
幸せに暮らしていたがそこに客として
5年ぶりに音吉が現れたのだ。

お吉は、音吉に何もかもバラされると思いきや、
彼に言われるがままに体を任せてしまった。

そんな音吉の狙いは、盗みを仕掛ける下調べだった!

その頃、火付盗賊改方が、怪しい気配が
漂う殺気をまとった謎の剣豪、石動虎太郎
(尾上菊之助)に立て続けに襲われる事件が発生。

その事件は、平蔵の上司にあたる
京極備前守(橋爪功)をも巻き込むほどの
大きな事件となり、平蔵らを襲うことに…。

◇豪華キャスト◇


長谷川平蔵 ... 中村吉右衛門

長谷川 久栄 ... 多岐川裕美

おまさ ... 梶芽衣子

酒井祐助 ... 勝野洋

池田屋五平 ... 中村又五郎

お吉 ... 若村麻由美

音吉 ... 谷原章介

石動虎太郎 ... 尾上菊之助

白玉売り ... さだまさし

京極備前守 ... 橋爪功

ほか。

【原作】

池波正太郎 「五年目の客」(文春文庫刊)

出典 : https://goo.gl/UIwi5W




◇まとめ◇


年配層を中心に人気の高い時代劇なんですが、
若年層には、小難しいセリフなどで
支持されないことや視聴率が取れず、
製作費が高くスポンサーがつきにくいというのが、
時代劇が低迷する原因のようです。

水戸黄門の放送が終了してから民放時代劇が
無くなってしまいましたが、この秋、
久しぶりに民放時代劇、市川海老蔵さん主演の
「石川五右衛」で、復活しました(^o^)

が、

視聴率が最悪で、第7話まで放送されていて
平均視聴率が、

第1話 6.0%
第2話 3.7%
第3話 4.4%
第4話 4.5%
第5話 3.0%
第6話 3.6%

私も若い頃は、時代劇を見ることがあまりなく、
刑事ドラマや人気の女優さんが出演されている
ドラマばかり見ていました。

年を取るにつれ時代劇の面白さがわかり
今では、再放送までチェックして
時代劇を楽しんでいます(^o^)

もう一度、放送日や時間をチェックして
おいてくださいね!




スポンサーリンク






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。