So-net無料ブログ作成

食物繊維の多い食品は便秘だけでなく 脳卒中や心臓病の予防に効果あり! [健康]

image.png
食物繊維の多い食品を食べることによって、
便秘の予防やダイエットに欠かせないことは、
昔からよく知られていることです。

実は、脳卒中や心臓病による死亡リスクが、
低下することが明らかになっているようです。

これらの病気が原因となるのが、
高血圧だったり肥満になるのですが、
それらの改善にもつながるそうです。
スポンサーリンク









食物繊維をたくさんとっている人は、
もっとも摂取量の少ない人に比べて、
9年間で心臓病が原因で死亡する確率が
25%低下することが明らかになっています。

食物繊維を毎日10グラム多くとると、
9年間で死亡リスクは15%低下するといいます。
この研究は医学誌「ブリテッシュ メディカル ジャーナル」に発表されています。

食物繊維が多く含まれている食材として、
ごぼう、納豆、さつまいも、かぼちゃ、
しいたけ、最近では、チアシードなどが
よく知られています。

その他にもアーティチョーク、ブロッコリー、
エンドウ、芽キャベツ、ラズベリー、梨、
アボカド、オオムギなどにも
食物繊維が豊富に含まれているようです。
スポンサーリンク









これらの食材を毎日の食生活に
積極的にうまく取り入れることによって
効率よく食物繊維を摂取できるそうです。
美味しく食べて健康を手に入れたいものです。

便秘やダイエットだけでなく、
脳卒中や心臓病の予防にもつながるので、
食物繊維って大切なんですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。